選べるデザイン

睡眠

二段ベッドを子どもに使わせる場合、多くの人が失念するのがデザイン面への配慮です。子どもが大きくなった場合、ベッドのデザインを嫌がる可能性があるため問題です。どのようなインテリアにも合う北欧風のベッドや、シックなブラックのベッドなどであれば、大きくなった子どもも好んで使います。

もっと読む

安全対策がされたベッド

部屋

子ども部屋の省スペースのために活用される二段ベッドですが、小さい子どもに高さがある二段ベッドを使わせることに不安を覚える人も多いでしょう。はしごに滑り止め材が使われた二段ベッドや、転落防止用の柵がついた二段ベッドならば安心して使用させられます。

もっと読む

省スペースに最適

寝室

多くの子どもがいる家庭では、子ども部屋も複数用意することはできないものです。部屋の一つを二人の子どもに与える家庭も多いものですが、そうなると問題になるのが寝かせる場所でしょう。勉強机や本などを置く棚、タンスなどを設置してしまうと、場所も狭くなってしまうので、子どもを寝かせるスペースが得られなくなってしまうのです。快適に眠るためには広いスペースが必要となるので、無理やり布団を敷いて寝かせようとすれば、子どもがなかなか寝付けなくなるでしょう。そういった状況で活用できるのが、二段ベッドです。通常の二段ベッドとは違い、上段に眠るスペースを確保できるので、狭い子ども部屋でも快適に眠ることができるでしょう。

二段ベッドを使用する場合、問題となるのが子どものプライバシーが守れないことでしょう。小さい子どもであれば何の不自由もなく使ってもらうことができますが、子どもが成長し思春期にもなると、二段ベッドを使うことに抵抗が現れるようになります。特に下段の子どもですと、上の段を使っている子どもに寝ている様子なども見られてしまうので、思春期になると使うことを嫌がる子どもも現れるのです。そこで利用ができるのが、棚がついた二段ベッドです。棚が下段の覆う構造となっているので、思春期の子どものプライバシーを守ることができるでしょう。もちろん棚としての機能性もあるので、勉強机の隣に設置すれば、辞書や教科書なども簡単に手にとって使用することができるのです。

選べる機能性

女性

二段ベッドを購入する場合、機能性についてもこだわる必要があります。通気性のよいすのこタイプの二段ベッドならば、カビやダニの繁殖を防ぎ快適に使用できます。畳タイプの二段ベッドなら、マットレスが苦手な大人でも子どもと一緒に眠ることができるでしょう。

もっと読む